最新作 人気作品

法陣遣いの流離譚⑤ 神器の奥に眠る者達

封印された狩人が語る事実、隠された計画とは──人気シリーズ第五幕!

「小説家になろう」で1200万PV超の人気異世界ファンタジー!

ライ山の封印が解かれた事件の後、ザート達は封印が解かれた理由を探るため山頂の異界門跡地へと向かった。そこには異界門ごと封印された狩人がいた。彼により、異界門がこのままでは崩壊することを知る。
崩壊をふせぐために必要な凝血石を用意するため、ザート達はアルバトロスの故郷、竜種が多く棲む大陸ティランジアへ──

ティランジア第一の都市ビザーニャではバルド教団がスラムの子供達に危険な魔弾の製造をさせていた。偶然の再会を果たしたシルトの話から、彼らが魔弾製造に使う凝血石の採掘場は伝説とされていた竜の墓場であった。
竜の墓場で凝血石を回収するザートとシルトの前に、バルド教団と、ブラディアでの魔鉱銃の配備順に不満をもっていたファストプレーン男爵が現れた。
混迷を極める中、ザートの計略が発動する——

目次

第一章 魔鉱銃をめぐる思惑

もっと見る

第二章 異界調査、異形の魔物

第三章 明かされた真実。アルバ神復活の条件

第四章 男爵の陰謀(於ビザーニャ)

エピローグ

書籍版特典SS

  • 異界門事変

著者からの一言

書き下ろしは約100ページ!その内容はWeb版では語られていなかった過去の大戦、異界門事変。異界門封印に向かうのはアルドヴィン、ブラディア中の戦功を求める貴族達。
一個大隊を率いるリュオネの父ユミガネ、アルバ教団を率いるアルバ神、狩人ジョン、さらにクレードルなどの活躍により傷つきつつも山頂にせまる。しかし、そこにはバルド教によるアルバ神捕獲のための計画がまっていた──という、物語の始まりに関わるエピソードになります。ぜひお読みください!
価格
電子版 ¥1,080 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)
ISBN
9784295601241
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
256
発行日
2022年8月26日

⚪︎ 著者プロフィール

空館 ソウ

からたち そう

ライトノベル作家。「法陣遣いの流離譚 相続した防具は最強の法具でした」にてデビュー。小説投稿サイト「小説家になろう」「カクヨム」を主な活動場所にしている。

⚪︎ イラストレータープロフィール

桜 みとぎ

さくら みとぎ

モフモフをこよなく愛するイラストレーター。猫と暮らすことが夢。

⚪︎ 試し読み

※環境によって試し読みが正常に表示されない場合、こちらのリンクから試し読みをご利用ください。

本の名前
価格
電子版 ¥1,080 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)
ISBN
9784295601241
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
256
発行日
2022年8月26日

⚪︎ お好きな販売サイトにてご購入いただけます

印刷書籍版(オンデマンド)

⚪︎ 本書の著者、イラストレーターに応援メッセージを送ろう!

お名前必須
メールアドレス必須
メッセージ必須

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーをお読みいただいた上で、入力内容をご送信ください