私の推しは魔王パパ② 乙女ゲームのラスボス娘に転生したけど、平和的解決を望みます!

魔王城は財政危機!?大陸を出て人間の世界へ旅に出るディアドラ!目指すは小説喫茶開店!

お父様の死亡フラグを回避して、ほっとしたのもつかの間。ジュリアスから、想定していなかった話を聞かされた。
「ディアドラ様には、魔王城の財政事情をお話ししておこうかと」
うち、貧乏だったの? お父様は魔族の王様なのに!?
でもそれなら、遊ぶお店が一つもない魔族の町に、娯楽施設を作ろう。
大好きな小説をたくさん読めるお店――小説喫茶を!
渋るお父様を説得して、人間の町まで買い出しに出られることになった。
でもジュリアスとカルラには、別の思惑があるようで。
「ディアドラ様とカルラ様が城を留守にするタイミングは、彼らにとって絶好の機会に映るのでは、と」
「ふうん、誘い出そうってことか?」
不穏な空気が漂うなか、人間の住む大陸、フィオデルフィアへ。
それぞれの思惑が交わる第二巻!

目次

一章 だってお金が必要だったので

もっと見る

二章 いざ、アルカディア王国へ

三章 予定外の同行者

四章 野暮用の意味

書籍版特典SS

  • 娘からのプレゼント②
  • 不在のライバル②
  • 強靭なキューティクル

著者からの一言

お父様の死亡フラグをかわした直後、今度は予期せぬ財政危機の話を持ち出される。なんと、自分たちが治める魔族の町は金欠状態。しかし、この逆境をチャンスに変えるべく、ディアドラはある計画を思いつく。人間界への大胆な買い出しで、魔族の町に初の小説喫茶を開店させようというのだ。お店には、彼女が愛する無数の小説が並ぶ予定。だが、この冒険には隠された思惑が絡み合い、ディアドラとカルラの不在を狙う者たちが暗躍する。父を守り、魔族の町に新たな文化をもたらす彼女の挑戦が、予測不能な展開を迎える。娯楽施設の創出という前代未聞の試みを通じて、魔族と人間の関係にも新たな一石を投じる第二巻、開幕!
価格
電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)
ISBN
9784295602491
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
238
発行日
2024年3月29日

⚪︎ 著者プロフィール

夏まつり

楽しそうな催しがあれば飛んでいく祭好き。夏祭りで好きな屋台はベビーカステラ、好きな花火は線香花火。『ワクワク』と『楽しい』を糧に日々を生きている。初めて小説を書いたのは小学校の自由学習ノート。就職と同時に筆を置くも、創作の楽しさが忘れられずに出戻り。最近は寝る前に、幼児二人と即興の物語を作って遊んでいる。

⚪︎ イラストレータープロフィール

KISERU

東京都在住のフリーランスイラストレーターです。コミカライズ作画やキャラクターイラスト、装画などを手掛けています。

⚪︎ 試し読み

※環境によって試し読みが正常に表示されない場合、こちらのリンクから試し読みをご利用ください。

本の名前
価格
電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)
ISBN
9784295602491
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
238
発行日
2024年3月29日

⚪︎ お好きな販売サイトにてご購入いただけます

印刷書籍版(オンデマンド)

⚪︎ 本書の著者、イラストレーターに応援メッセージを送ろう!

お名前必須
メールアドレス必須
メッセージ必須

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーをお読みいただいた上で、入力内容をご送信ください