最新作

不死の子供たち

失われた記憶を求めて戦う。異形の生物が徘徊する廃墟の街で──Web発・本格ディストピアSF!

記憶を失くした青年“レイラ”が目を覚ましたのは、文明が崩壊し戦争によって荒廃した世界だった。
今までの考え方や価値観が通用しない世界で、彼は静止軌道上にある軍事衛星の『自律式対話型支援コンピュータ・カグヤ』から受信する声を頼りに、かつて栄華を極めた『旧文明』の遺物を回収するスカベンジャー(廃品回収業者)として生きていくことを選択する。
そしてレイラは、放射性物質が今も残る瓦礫に埋もれた廃墟の街で、恐ろしい姿をした危険な突然変異体や、冷酷無比の略奪者たちを相手に熾烈な生存競争に身を投じるのだった。

目次

第一章

  • それが今の私で、そしておそらく私のすべてだ。
  • 怪物
  • 家政婦ドロイド

もっと見る

第二章

  • 多脚型車両
  • 守護者
  • 鳥籠
  • スカベンジャー組合
  • サスカッチ
  • 不死の導き手
  • ジャンク品
  • 鹿の群れ

第三章

  • 警備室
  • 闇市
  • 建築機械
  • 暗い世界
  • 襲撃
  • ヴィードル工場
  • 希望

第四章

  • 誘拐
  • 気持ち
  • 市街戦
  • 不死の子供
  • 光の先へ

書籍版特典SS

  • 救難信号

著者からの一言

この物語は(母語ではないため)日本語の不得意な作者が、辞書と睨めっこして日々試行錯誤しつつ執筆しました。自分が表現したい世界を文章として的確に表現できるように、たとえば廃墟の街に流れる空気や匂い、果ては日の光によって変化する街の表情までが読み取れるように書いています。じっくり読んでもらえたら嬉しいです。
不死の子供たち
価格
電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,200 小売希望価格(税別)
ISBN
9784844379638
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
296
発行日
2021年6月18日

⚪︎ 著者プロフィール

パウロ・ハタナカ

外国生まれ、神奈川県在住の日系三世。大航海時代に大国として名を馳せた民族と、先住民インディオの血を受け継ぐと共に、九州男児である日本人の血を持つハーフ。日本の文化、そして文学に感銘を受ける。美しい文章を書きたいという欲望を原動力に、母語ではない日本語での文章の書き方を独学で学ぶ傍ら、投稿サイトにて『不死の子供たち』を連載。

⚪︎ イラストレータープロフィール

えすてぃお

新潟県出身。SFを題材にしたゲームや小説のイラスト、デザインなどを手掛けている。主な代表作は、表紙イラスト『SFマガジン2020年8月号』(早川書房)、表紙イラスト『売国のテロル』(早川書房)、パッケージイラスト「ファイナルファンタジー14 フリートライアル」(2020、スクウェア・エニックス)など。

⚪︎ 試し読み

※環境によって試し読みが正常に表示されない場合、こちらのリンクから試し読みをご利用ください。

本の名前
価格
電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)
印刷版 ¥2,200 小売希望価格(税別)
ISBN
9784844379638
判型
四六判(ペーパーバック)
ページ数
296
発行日
2021年6月18日

⚪︎ お好きな販売サイトにてご購入いただけます

印刷書籍版(オンデマンド)

⚪︎ 本書の著者、イラストレーターに応援メッセージを送ろう!

お名前必須
メールアドレス必須
メッセージ必須

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーをお読みいただいた上で、入力内容をご送信ください